レーシックを受ける前の心配

●遠視がひどいんです。治せますか?

レーシック手術は、近視は治せるというのは有名でよく聞きますよね?じゃあ遠視は?と気になる方もいると思います。

レーシック手術というのは元々、角膜を手術して光の屈折を調整するための手術です。その手術が近視治療に適しているということで、近視はレーシック手術で治せると言われていますが、屈折の調整を遠視が治せる屈折に調整すれば、遠視も治すことができます。

しかし、遠視治療は角膜の状態や遠視の度合いによって手術ができるかできないか変わってきます。

品川近視クリニックのような優良病院でしっかり診察を受けてから手術ができるかできないか判断してもらい、それに適した方法で治していきましょう。

●結膜炎もちなんです。治療はしているけど、大丈夫?

しっかりと治療をしていて、症状が軽くなっていれば大丈夫です。

結膜炎は原因がたくさんあるものなので、原因を突き止めてそれに応じて手術を行うことになります。

また、結膜炎の時はコンタクトレンズが使えないので、目が悪く困っている人はレーシック手術を受けることをおすすめします。

しかし、原因がなんだとしても、治療が優先になります。ひどい場合はレーシック手術は受けられません。

●妊娠しています。レーシック手術は受けれませんか?

レーシック手術は、薬を術後飲まなければいけないので、母体への影響があると考えて受けることはできません。

授乳中も同じです。

ほんの微量だとしても、点眼麻酔も使用します。

体に影響がないとは言い切れませんので、禁止されているんです。

また、授乳中はホルモンバランスにも影響がでてしまうので、検査も受けれません。

どうしてもの場合は、母体への影響や赤ちゃんへの影響がなくなる時期になってからにしましょう。

●ひどいドライアイです。手術は大丈夫?

ドライアイは放っておくと悪化します。

中には結膜炎や感染症にかかる人もいます。

ドライアイでレーシック手術を受ける場合は、コンタクトレンズを2週間くらい外さないといけません。

レーシック手術を受けられないわけではないので安心ですが、悪化していた場合は治療が優先です。

治療が済んで、レーシック手術を受けられる状態になってから検査や手術を受けるようにしてください。

また、レーシック手術後に一時的ですがドライアイが再発する可能性があります。でも、処方された目薬で治療できますので、すぐ治まります。安心してください。

内視鏡

こんにゃく 通販

還暦祝い プレゼント

fxブログ